ロト6購入時に人間の思考回路が当選を遠ざける!

一般的に宝くじを当てようと思えば、風水だとか縁起を担ぐとか何の信ぴょう性も無いことに労力を使い宝くじを購入したり
抽選式宝くじ(ジャンボ宝くじ、全国宝くじ、地方宝くじ等)では当選確率を上げる為に、発売枚数に対して、どれだけ自分が購入出来るか?という数の理論でしか解決できまでん。
paku01-12.jpg
しかし、数字選択式宝くじは当選確率の見方を変えれば、枚数を買わなくても当選確率を上げる事が出来ます。

数字の組み合わせで言うと1/6096454の確率になりますが、見方を変えれば
43個の数字の中から6個選ぶ単純な選択です。

競艇や競輪のような連単や連複のような買い方ではないです。
購入数字は一方向1から順番に並べた数字で当選が決まります。
単純に43個中の6個を予想するだけ、こんな簡単な作業で億を掴めるのです。

ロトやナンバーズのような数字選択式宝くじの買い方のコツは、当選確率を下げつつ1等を狙うのが重要ポイントになると思います。
言い方を変えれば、 自分で数字を選択できるから、当選確率のハードルを下げることが出来ます。
どういう事かと云うと、1等を狙わず、2等や3等を狙う事で1等を射程圏内に入れる事ができます。
1等を直接狙うより、当たる確率が高くなり、しかも数字は1個違いです。
世の中でよく言われる『1個違いです大違い』になるかもしれません。

しかも、一度に大量購入しなくても、1回200円で十分です。
キャリーオバーが有る、無しで当選払い出し金額に差はありますが、
払い出し出来る金額は決まっており、その回の当選口数で均等割りで支払われますので枚数を購入しても無意味になります。

そして、もう一つアドバイスが有ります
ロトやナンバーズにおいて過去の当たり数字を見てもらえば分かると思いますが、
数字が2週連続で同じだったり、当選数字が1021回(03 30 32 33 34 39 )1006回(07 08 16 31 32 33 )のように数字に偏りや連続などがよく表れます。
こうした数字を人間の思考回路では予想しにくく、やはり何らかのツールを使った方が購入がスムーズになります。
ツールを使えば必ず当たるのかと言えば、そうではないのですが少なくとも、「人間が数字を選ぶ時にどうしてもバランスを取ろうとしてしまいあえて当たりにくい数字を選んでしまう」ということを排除できるからです。

そんな、買い方も有るので少額購入で大きな夢をつかんでください。健闘を祈ります。

この記事へのコメント

タグクラウド

スポンサー リンク